スリランカ 仕入の旅(2)

 
朝を迎え、スリランカ2日目。



ホテルでの朝食。
お願いすれば部屋まで持ってきていただけます。
これで2名分。美味しいです、お腹もいっぱい。。


そして、ホテルに迎えに来てくれた車に乗って、
サジーワさんが待つ宝石の街「ラトナプラ」へ出発!





ラトナプラまでほとんど信号が無い!ため、、
車はずーーっと動いているので道中の写真が殆ど撮れませんでしたが、
繁華街からほんの少し離れただけで、
路肩に牛が歩いていたり、寝ていたりしています。

あと気づいたことは、スリランカでも日傘が女性の必需品のようです。

コロンボから、車で3時間ほどで
「ラトナプラ」へ到着。
ラトナプラとは、「宝石の街」という意味。

ラトナプラにある、サジーワさんの勤める宝石会社へ
連れていっていただきました。
この会社は、スリランカの宝石業界で知らない人はいない、
かなり有名な会社なのだそうです。

まずは、サジーワさん登場!
とてもきれいな日本語を話す、日本人より日本人らしいと
思ってしまうとても気さくな方でした。

そして、わざわざ社長も私たちを出迎えてくださいました。
そこで早速、挨拶代わりに
すごい宝石の数々をバシバシ見せてくださいました。







これら全てナチュラルサファイア。
ナチュラルとは、加熱処理されていないサファイアのこと。

これだけで億の価値があるそうです。

それを聞いた私、体が硬直。。
どうぞ自由に触って、写真撮っていいよ、なんておっしゃるのですが、
なんだか場違いなところに来たのではないかと思い、超・緊張!(笑)

スリランカは世界一のサファイアの産地。
スリランカ産のブルーサファイアの美しさにかなう場所は他にないと言われています。

かの有名な、故ダイアナ妃からキャサリン妃に受け継がれた
あのエンゲージリングもスリランカ産のブルーサファイアだそうです。

さて、普段目にできない特別な宝石たちを
堪能した後は、サジーワさんガイドによる
宝石採掘現場へいざ出発〜!!

つづく


スリランカ 仕入の旅(1)


ようやく、年末のスリランカ仕入の旅についての記事アップしてまいります。
長くなるので、いくつかに分けますね。



まず、楽園モルディブに別れを告げ、
モルディブから飛行機で約1時間半でスリランカに到着!


到着が夜だったため、この日はそのままコロンボのホテルへ。
まずビックリしたのが、スリランカの交通事情。
運転マナーは最低限、ぶつからなければOK、どんどん行こうぜ〜!という感じ(笑)

ずーっとクラクションを鳴らしながら運転しているのですが、
そのクラクションが日本でいう“最上級の警告”としてではなく、
「ちょっと失礼!そば通るからね!」という合図としての役割。
(もちろん、本当に危ない時は、ブーーーっと長押しするのでしょう。)

追い越し自由!、2車線をまるで3車線あるかのように車がひしめいています。
しかも、、、反対車線から車が来ないもんなら、
反対車線にも果敢に入っていき、前の車を追い抜いていきます。
何度もひぇ〜〜〜と思いながらも何とかいつも無事。
みなさん、すごくドライブテクニックが高いようです。

ですので、道を走っている間中、
プッププップ プップップ とずーっとプッププップです(笑)

そのエネルギッシュな感じが、
異国に来たんだ、という実感に繋がり、とても胸が高まったのでした。



こちらが宿泊したコロンボのホテル。
Paradise Road Tintagel Colombo
元首相の家を改築した10部屋ほどのホテルです。
趣味のよい独特なインテリアと美味しい料理、高いホスピタリティのあるホテルです。

さて、スリランカの目的は仕入れのみ。
3泊で入っている予定は1泊2日の採掘現場見学&仕入です。

ホテル到着は夜だったので、
明日に備えてすぐに就寝。
その前にホテル内で美味しい夕食いただきました!
マッシュルームスープが絶品!!

明日は、日本に長く住まわれていたスリランカ人宝石商、サジーワさんと待ち合わせです!


つづく





<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM