スリランカ 仕入の旅(5)

嵐のような夜が明け、翌日は快晴。

この日も午前中は採掘現場へ。

車を停めて、ずんずん進んでいくと・・・




↓ 建設現場のような所が見えます。
  あのショベルカーのところまで歩いていきます。
  スコールのあとで、足元は靴が9割埋まるほどのぬかるみ。
  それでも、そんなこと気になりません。
  ああ、採掘現場に来ている、という特別感が全ての感情を上回ります!
  ずんずんずんずん進むのです。




ショベルカー近くには、このような機械が。



何の機械かというと、
掘った土から宝石と石ころを選別するものなのです。

上から、土にホースで水をかけ、どんどん流していきます。



流れていく途中、石より重い宝石が溝にたまり、
石ころだけ水と一緒に流れるという仕組みです。




現場の方が、せっかく日本から来ているということで、
昔ながらの選別方法も実演してくださいました。
このようなザルに土を取って、水の中で泥を溶かしていき、
石ころと宝石の塊になったところで、宝石だけを手で取っていきます。



「もう売り物にはならないけれど、数百年前までは宝石だった」という石たち。




最後に、きれいな湧き水(後ろの濁った水ではありませんよ)で靴や手を
洗いました。ここの水でスタッフの皆さんがシャワー代わりに水浴びしたり、
小屋で使う飲料水に使ったりしているそうです。
なんだか楽しそうです!




つづく





この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM